婚活のヒント

*婚活疲れは8割が経験...メンタルが傷み不安な時の対処法

2020年11月1日

婚活疲れは8割が経験する...メンタル傷み不安な心理になった時の対処法。

婚活期間が長くても短くても、「婚活疲れ」に陥る人が高い割合で経験しているそうです。

あなたはそのような経験をしたことはありますか?

私も婚活をしていた頃、数年が経過したあたりで「もうこんなのは嫌だ!」と思って全ての婚活を停止したことがあります。

なんと、「婚活疲れ」の比率は現役で婚活をしている全体の80%程度の方が経験しています。

そんな多くの方が経験しているのだから、何か共通した原因があるはず。

何もわからずに、疲れた時間を過ごすのは辛いものです。

今回、何が原因になっているのか、どうしたらその感覚から抜け出せるのかを調べてみたところ、一定のことが見つかりました。

私自身の経験を想い出し、その感覚を併せてご紹介していきます。

[toc]

婚活疲れメンタルやられる8割の原因は?対処法はあるのか

婚活サイトにいる大勢の登録者の写真を見て、プロフィールを読んで、メッセージのやりとりをして、会ってもいいかな?というところで初デート(お見合い)。

次も会ってみよう♪

と互いに思えば、更にデートの約束にすすみ、その後、本格交際に入るかどうか検討する。

ダメだったなら振出しに戻る、その繰り返し。

多くの人は、単独ではなく複数の相手と同時進行させていく。

文字にしてしまえば簡単ですが、知らないもの同士のコミュニケーションは確かに疲れます。

そして、そこにはさまざまな思惑や出来事が含まれます。

疲れるのは当然ですね。

それ以外にも、具体的には以下の三大要素が疲れの原因と言われています。

【婚活疲れ三大要素】

  • 婚活は時間がかかる
  • 婚活はお金がかかる
  • 自分自身が否定されている感覚になる
・・・いつまでこんなことを繰り返すの?

と思ってしまいます。。。これは一種の徒労感ですね。

婚活は時間がかかる

①マッチング
②メッセージ交換
③初デート
④お試し交際
⑤本格交際

①から②を数多く繰り返し選ばれた数人が③にすすむ。

④または⑤に移行しなければ、また新たな人との出会いを求め①の振出しに戻る。

それも常時2~3人ずつ同時進行しているなら、疲れます。

婚活に限らず、行ってきたことに対して成果が見えないと、費やした時間が無駄に思えて余計に疲れます。

婚活はお金がかかる

  • 婚活サービスの会費
  • 交通費
  • 洋服代
  • デート代
  • メイク代
  • ヘアーサロン
  • ネイルサロン
    ...etc

ざっとあげてみると結構な費用がかかります。

男性はデート代の負担が多くなるかもしれませんし、女性はメイク、ヘアーサロン、ネイルなどながかかります。

婚活に限らず、かかった費用に対して成果が見えないと、費やした費用と時間が無駄に思えて余計に疲れます。

自分には価値が無いように感じる

例えば、自分が気に入った相手から良い返事がもらえないと凹みますよね。

そのようなことが度重なっていくと、自分は価値が無い人間になったように感じます。

でも、それは違います。

あなたに原因があるのではなく、たまたま相手との相性が良くなかったり、互いが希望している内容とは一致していない面があっただけです。

この広い世界で、二人の男女が互いに人生のパートナーにふさわしいと思える相手を見つけ出すのです。

冷静に考えてみれば、そう簡単ではないのです。

そして、「お断り」するのも実はお互いさまです。

相手はあなたを気に入っていたけれど、あなたの方からお断りしたこと、ありますよね。

希望条件を変えてみる

婚活をしている人の希望条件は、一般的な平均値よりもかなり高いレベルになっていると聞きました。年収、学歴、身長、職業など。

その心理は、せっかく高い費用をかけて婚活をしているのだから、それなりに条件の良い人を見つけたい!と思うところにあります。

しかし、婚活をしている全ての人が等しく高い条件を希望しているとしたら、アラフォーを超えた世代よりも、若い女性が優先して選ばれていくのが悲しい現実です。

20代、30代の男性はもちろん、子供を持ちたいと考えているアラフォー世代の男性も、20代~30代の女性を第一希望しています。

そういった理由から、残念ながら、あなたがアラフォーを超えていたなら20代~30代の競争相手には勝ち目はありません。

「特に子供は希望していない」、「同世代や年上の女性も好き」という大らか(?)な男性のみが対象になってきます。

こちらを対象とする男性は圧倒的に少ないのが現実、そんな中での厳しい活動を強いられているため、希望条件を緩めるという考え方が必要になってきます。

対象とする希望年齢を少し上げてみませんか?

・・・と、私も結婚相談所の担当者に何度も言われたことがあります。

担当者がいう事は確かにごもっともなのですが、中高年のオヤジ嫌いだった私には、受け入れ難い厳しいことなので悩みました。

婚活の直感を信じる?「この人は運命の人」なのか判断ポイント

婚活で直感を信じますか?「この人と結婚する運命の人」という直感。当たるのか判断ポイントをお伝えします。 婚活(恋愛)をしていて「この人はもし ...

>>この人は結婚する運命の人?という直感は

それでもリカバリしなければお休みする

心身共に疲れている状態で婚活しても楽しくないですし、元気が無ければ良い出会いに巡り合えません。

疲れた負のオーラをまとっていると、同じような負の要素をもつ男性を引き寄せてしまう確率があがります。

そんな場合、一度すべてを休止してみてはいかがでしょうか。

結婚相談所では休会ができるはずです。

月払いの会費も一旦止められるシステムのところが多いのではないでしょうか。

相談所によって規約が異なるので直接確認してみてくださいね。

そして、必ずしも「結婚が全てではない」ことに気づくのも大切なポイントです。

もちろん、結婚を諦める必要はないですが、それが全てではないという認識を持てば、気分的にも冷静になれますよ。

私は、婚活をお休みしていた時は、このまま一生一人で生きていってもいいかな?と思うようになっていました。

そうなると、それなりの人生設計が必要になるので、視野が広がり忙しくなります。

気持ちが落ち着いて元気が出たなら、またいつでも婚活を再開すればいいのです。

>>アラフォー婚活~疲れてもうやめたいと思った時はお休みするのが重要

方向性を変えて再出発

一度、立ちどまってみると視野が広がり、もっと自然体で物事をとらえられ拘り過ぎていた部分にも気づけたりします。

私は、何年もの長い間、婚活に成功しなかった大きな理由の一つに気づき、婚活の方向性を変えて再開することにしました。

対象を国内ではなく海外に変更したのです。

昔ながらの振る舞いをするタイプの「日本人の中高年のオヤジ嫌い」という部分。

これはどうしても妥協できなかったからです。

その結果、方向転換して1年ほどで、マッチングアプリTinder に登録して半年でとても素敵なパートナー候補がみつかりました。

このように海外へ目を向けるのは少し勇気が要りますが、他の部分で譲歩できる面を見つけ出して再スタートしてみると、全く別の世界が見えてきますよ。

◎相手選びに妥協すべき点は?

アラフォー婚活で妥協して後悔しないために確認する7つのポイント

アラフォー(30~40代)の男女が婚活を成功させるには「妥協が必要」とよくいわれますが、いったいどんな妥協をしなければならないのでしょうか。 ...

>>アラフォー男女が婚活を成功するための妥協と対策

戦略的に考えながら婚活をする

せっかく費用をかけて時間をかけて行っている婚活なので、ひとつずつの出会いで体験したことを、知恵という形に変換していきましょう。

全ては経験値になっていきます。

恋愛経験が少ない人にとっては、そのひとつひとつが疑似恋愛のようなものなので、とても良い経験を重ねていると思いましょう。

そして、次の出会いにつなげていきましょう、前回の経験を踏まえ自分なりに対策を立てて実行しましょう。

それで、相手と仲良くなれたら戦略的に正しいのかも知れません。

ダメだった場合、落ち込むだけではなく原因を冷静に考えて、改善策を考えていけば悩む暇が減り、婚活疲れを回避できるようになると思います。

◎こんな思い込みはやめましょう

>>要チェック「40歳過ぎたら婚活を諦めるべき?」不要な悩みの解決方法

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

自分自身が辛い真っ只中にいると、なかなか気づけませんが無駄な経験なんてありません。

私は、お休み期間を含め長い期間、婚活をしていましたが今だから言えるのは、全てが自分の財産となっており無駄な経験は一つもないと思っています。

全ての体験が、私の経験値となり引き出しの中に大切にしまわれているのです。

ここで、このような記事を書いているのもその結果です。

この経験が、いまリアルに婚活にがんばっている方々へ少しでもお役に立つのなら、凄い経験をしてきた証になっていくことでしょう。

婚活サイトと結婚相談所 掛け持ち利用のヒントとおすすめ6選

結婚相談所、婚活サイト、マッチングアプリを複数掛け持ちで利用することを検討している方へ向けて書いています。 婚活を併用してかけもち利用するこ ...

>>アラフォー婚活~「婚活アプリかけもちで出会い倍増のメリット」とオススメ6選

以上、「婚活疲れは8割が経験...メンタルが傷み不安な時の対処法」でした。

© 2021 婚活ガイア