婚活のヒント

婚活でも直感を信じる?「この人は運命の人」なのか判断ポイント

2020年11月22日

婚活で運命の人と出会えるのか?自分の直感は合っているのか?と疑問を持つことってありますね。

勘違いなのか本当なのか判断のしかた・見分け方がわかればいいな

実は、結婚して幸せになっている多くのカップルが、出会った当初からお互いに特別な運命的な直感を感じたと言います。

そんな感覚に気付かずに、運命の人かも知れない相手を見逃してしまったとしたら残念!

この記事を最後まで読むと、運命の相手に出会った時の感覚やポイントがわかり、もっとスムーズに婚活をするヒントを得られます。

結婚相談所やマッチングアプリを約10もの間、利用した管理者Hokoがお伝えします。

婚活での直感この人は運命の人?信じるべきか勘違いなのか

日常生活の中で街でたまたますれ違った人に「運命の人かも?」と直感することは滅多にありませんし、それはあまりにも冒険的でハードルが高い。

しかし、何らかの婚活サービスを利用してあらかじめ相手の顔写真やプロフィールを見てから、何度かのメッセー交換をすることを前提とした場合は単なる運命というより、もっと現実的。

初めてのデートに挑んだ時に、「この人と結婚する?運命の人?」と直感したなら、凄いことです!

婚活サービスを介して、基本的な部分をクリアしたうえで出会った相手に感じる運命的な直感なら、より現実味を帯びてきます。

  • 婚活サイトでプロフィールを互いに確認済
  • 結婚が目標である
  • 1回のやり取りをしたうえでデートに至っている

・・・正直言って、婚活をしていると「え?写真の方がよかった」「早く終わらせて帰りたい・・・」というような場面が多々あります。

なので、「いいな♪」と感じるだけでも凄いことです。

それだけに、直感的に運命の人かも?と感じられた相手はとても貴重です!大切にしたいですね。

更に、こんな風に互いの基準をクリアしたうえで二人が初デートするので、バランスを上手にとれればよい流れを生み出せるはずです。

多くの人が出会って付き合って別れる、その繰り返しをしながら相手を探し出して結婚します。

実際、出会った時からお互いに運命的な感覚を持ち、結婚して幸せになっているカップルはどのような感覚だったのでしょうか。

次の項目で見ていきましょう。

また、相手の方はどのような振る舞いをしているのかという観点で本気度を測ることができますので、以下のページを参考にしてくださいね。

初デートの時に運命を感じたのかを振り返ってみる

初デートが終わって「今日の人良かったな♪」と感じた場合、自分自身の感覚を見つめてみましょう。(そう感じなかった場合は考える余地はありません・・・)

デートしている時の自分はどんな感じがしましたか?

  • 自然体でいられた
  • わけも無く心地よさを感じた
  • 安心で落ち着いた気持ちになれた
  • 一緒に暮らすイメージがわいた

直感的に相手との相性の良さや相手に心地良さを感じたなら、その人との関係を大切にしてください。

会った当初から上記のような感覚を持てたとしたら、結婚に至る可能性が十分にある運命の人である可能性があります。

そのような相手となら、安心してゴールインできるカップルになれる可能性が高いでしょう。

誰しも初めて会う相手と過ごす時間は気を使いますが、もし、デートが終わり帰宅後疲れてぐったりしてしまったら「運命の人」とは言えないのです。

それは、あなたがどこか無理をしていたから、どこか違和感があったから、とても疲れてしまったのではないでしょうか。

信ぴょう性ないデータより経験に基づいた直感

運命・直観に頼ることで成功を手にした人の多くは、ただ闇雲に直感に頼ったわけではないようです。

今まで経験してきたことを踏まえ、客観的かつ主観的な要素を総動員したうえで感じている「直感」なら確信が持てます。

例えば、世の投資家たちが投資先として目をつけた企業を直感的に成功の予測をしていたのかどうか?

調べて確認したところ、以下の要素を含んだ判断を行っていたことがハーバード・ビジネス・レビューのサイトに記載されています。

勘が独立した情報ではなく、既存の主観的情報と客観的情報の両方を活用していることを認識している。
勘が瞬間的、衝動的、感情的なものではなく、むしろ洗練され、ニュアンスに富み、経験に基づいていることを理解している。
勘を磨く努力をしている。自分のフィールドの模範、原型、パターン、モデルなどに注意を向け、その学びを将来の決断に結びつけている。
出典:ハーバード・ビジネス・レビュー

AI利用の科学的な要素でマッチングする最新の婚活方法もあります。

直感力とAIの力、両方を駆使して背中を押して貰うと、成婚がまた一歩近づくかも知れません。

いま一つ運命を感じられない場合

中には、人を好きになるのに時間がかかったり冷静過ぎて相手を選びきれない、という方もいることでしょう。

「もっと他に・・・」と考えがちなら、科学的観点で分析するAIに背中を押して貰うのはいかがでしょうか、以下で紹介しています!

AI婚活アプリで40代の婚活成功
AI婚活とは?体験者が解説するオススメする理由&メリット・デメリット

AI(人工知能)を導入したマッチングアプリ、婚活アプリ、結婚相談所に興味津々だけど、普通の婚活とどのように違うの?という疑問を持っている方は ...

続きを見る

自分の経験値と直感とのバランスをとる

婚活は直感と経験値とのバランスをとりましょう

婚活するなかで結婚相手を条件だけで選ぶのも無理がありますし、運命・直感だけで結婚を決めるものも危うさを感じます。

例えば、年収2.000万円という人の条件に惹かれて結婚し、その後社会情勢が変わってその年収が失われ共稼ぎをすることになる事態も、今の社会情勢なら充分にあり得ます。

相手が長期的な病にかかることが無いとも言い切れません。

状況が変わっても共に助け合って生活していける相手である必要があります。

理想的には、基本的な条件をある程度はクリアでき、直感的に「この人なら」と感じられるのが一番です。

「条件」と「直感」どちらか一方だけにこだわると、結婚相手選びの失敗の原因になってしまいます。

あなた自身の経験値を基に「条件」と「直感」を照らし合わせバランスを取りましょう。

「経験値」は何よりも優れたバロメーターになるので、冷静さを持ちながら選択しすすんでいきましょう。

このような方法で冷静に相手選びをしていくのは昔の「お見合い結婚」に似ています。

お見合い結婚の離婚率は恋愛結婚より30%低い理由を解説

結婚相談所での出会いはお見合いに似ているとも言われます。これから婚活しようとしている人には離婚率の低さはとても気になるところですね。 「見合 ...

続きを見る

「恋に堕ちた状態」で「運命・直感」と思うのは信ぴょう性に欠ける

「相手に出会った途端に好きになる」ことと「相手に運命・直感を感じる」こととは全く違います。

もし、あなたが常に「一目惚れ」しやすかったり「直ぐに恋に堕ちる」傾向があるならば、それは恐らく「直感」ではありません。

「運命の人と出会って直感を感じる」ということはそんなに頻繁にはありません。

「一目惚れ」や「直ぐに人を盲目的に好きになる」というタイプの人は特に冷静にいきましょう、信頼できる友人の意見を聞いてみるのもいいと思います。

恋愛と結婚の違い!知っておきたい3大要素

恋愛と結婚の違いがよく話題になります。婚活で出会う相手に「全然ときめかない」と悩んでいる人が多いようです。 あなたもそんな悩みをお持ちですか ...

続きを見る

婚活での直感「この人は結婚する運命の人?」は当たるのか判断ポイントまとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

一般的に、「この人は運命の人」だと感じるのは出会った当日から1週間の間に特別な感覚を抱くのがほとんどと言われています。

条件面についての確認をする冷静な目を持ちながら、自分自身の感覚、直感力を大切にしてくださいね。

いつ運命の相手が現れるか分かりません、その男性を見分けられるよう自分のバランス感覚を大切にしましょう。

また、直感で運命を感じる」ことと「相手に恋愛感情でドキドキする」ことは全く異なりますので、その辺りもご注意くださいね。

以上、『婚活の直感を信じる?「この人は運命の人」なのか判断ポイント』でした。

【この記事を書いた人】

-婚活のヒント
-, , ,

© 2021 婚活ガイア