婚活のヒント

結婚前に同棲するとデメリットしかない理由&代替案を解説

2020年11月7日

結婚前に同棲するのは、特に女性にとってのデメリットがとても多いというのが現実です。

実際には、日本全体で男性の約80%、女性の約60%が、結婚前の同棲に関して肯定的な考えを持っているそうですが、同棲に賛成しない考えも参考にしてみてくださいね。

ここでは、「結婚を目指す人が結婚前に同棲する」ことで生じるデメリットとその代替案を具体的にお伝えします。

この記事を読むと、同棲が持つ特徴やデメリットと代替案などのヒントを得ることが出来ます。

結婚前の同棲にデメリットしかない理由とは

同棲と一口で言っても、実際には世の中には二種類の同棲があるようです。

  1. 利便性からなんとなく同棲したカップル
  2. 結婚を視野に入れ同棲したカップル

一見、全く異なるように見えますが、実際の中身は法的にも社会的にも何ら責任を負わないモノであり、その側面に於いてほとんど同一です。

また、①の人が結婚することもあるし、②の人が簡単に別れることもあります。

同棲に至った理由

結婚を「視野にいれた」「前提にした」同棲によくある理由・背景には大きく分けて以下の要素が含まれています。

  • 結婚の予行演習。
  • 相手の事をもっと知る為。
  • いつも一緒に居たい。

この要素からは、結婚できるかどうか見極めるためにお試しをすることが、目的のように思えます。

同棲の問題点

そうなると、やはり問題点が出てきます。

気持ちが一番盛り上がった状態で同棲をはじめる場合が多いので、それから徐々に相手の欠点探しに移行していく可能性が高くなります。

あくまで何ら責任を持たない恋愛の延長でしかないものともいえます。

万が一、相手の欠点を見つけてしまい、

え?うそ、嫌だな、ダメかも・・・

と思ったら簡単に解消してしまいませんかね?

ちょっと待ってください

これでは結婚を「視野に」「前提に」という要素が一気に吹き飛んでしまいます。

もっと言えば、結婚するための確固とした「決意」、「自信」を持てないがために「お試し期間」を設けたいという覚悟の無さの現れのようにも受け取れます。

唯一、正式な結納まで済ませ親公認の状態で、入籍の前に早めに暮らし始めるという同棲なら問題ないと考えます。

結婚とは・・・

結婚は、まったく逆ですね。
結婚とは、お互いに対して義務や権利が法的に発生するものです。

そして、二人だけの問題ではなく互いの親兄弟、親戚をも巻き込みます。

紙切れ一枚ですが「婚姻届け」をお役所に提出することの重みは、法的に二人の関係を責任ある物へと昇華させる意味深いことなのです。

相手の長所も欠点も受け入れて譲歩し合い、ひとつの家族、ひとつの世界を築き上げていく作業。

それに対し、同棲はどこまで行っても一時的な「覚悟のない同居」のように見えます。

お相手に対しこの人が「結婚する運命の人」と直感を感じましたか?

婚活の直感を信じる?「この人は運命の人」なのか判断ポイント

婚活で直感を信じますか?「この人と結婚する運命の人」という直感。当たるのか判断ポイントをお伝えします。 婚活(恋愛)をしていて「この人はもし ...

続きを見る

結婚前提の同棲でも女性にはデメリットしかない

同棲そのものが女性にとってはデメリットしかない、その理由は?

  • 生活費は折半なのに女性は家政婦のよう。掃除・洗濯・料理を負担することが多い。
  • 同棲経験がある女性はだらしなく見られる傾向がある。
  • 妊娠のリスク。女性はもし妊娠した場合、難しい判断を迫られる可能性がある。

同棲がうまくいった場合

男性側は、けじめをつけにくくなり結婚しようとは思わなくなります。

愛情欲求と性的欲求が満たされるため、結婚や結婚式という面倒な行為はしたくなくなります。

現実問題、結婚してしまうと法的にも社会的にも様々なしがらみが生じますので簡単に離婚できません。

同棲なら相手に許容できない問題が判明した際、というよりも嫌になったら簡単に別れられます。

これは前述したように、男性よりも女性のとってのデメリットです。

同棲がうまくいかなかった場合

元々、ほとんどの同棲は上手くいかないといわれています。上手くいけば最終的に結婚しているはず。

同棲を解消したあとの女性への世間からの目が厳しく、精神的にも物質的にも離婚に次ぐリスクを負うことになります。

それでも同棲を選択するならルールをきっちり決める

デメリットとメリットを理解したうえで、それでも同棲を選ぶ場合はあらかじめルールを決めておきましょう。

・・・それでもやはり同棲してみたい!
  • 同棲する期間
  • 家事の分担
  • お金の分担と管理

それではひとつずつ説明します。

同棲する期間

これは特に大切です。例えば1年というように期限を切っておき、それまでに結婚するかしないかの結論を出すように決めましょう。

もし、男性が女性からの「期限付き同棲案」を受け入れない場合、もともと結婚する気はないと判断できます。

何度も言いますが、男性に同棲生活に伴うデメリットはそれほど大きくありませんが、女性には妊娠・出産のリミットを含め、あらゆるデメリットがあります。

反面教師として、以下の現実を紹介します。

警告

私の知り合い女性は普通の結婚願望のある人ですが、好きな男性と同棲し10年経過後に、彼から「結婚する自信がない」と言われ別れる結果となりました。

30代前半だった彼女は40代に。その後、婚活をしていますが苦戦しています。
失った時間は取り戻せません(+o+)

家事の分担

家事の分担はきちんとルールを決めておかなければ、どうしても女性の負担が大きくなるのが常です。

必ず、フェアーに分担できるよう事前に決めておきましょう。

お金の分担と管理

互いの収入に差があるのなら、家賃を折半するのではなく給与なりの負担額にするなど、お互いに納得いくまで話し合い決めておきましょう。

もし金銭的な問題が生じたとしても自分を守ってくれる法律は何もありません。

話し合って譲歩できる相手でなければ難しいかも

もし、相手がこの話し合いが面倒だと言って拒否した場合は、同棲どころか結婚自体が難しいです。

婚活で失敗しないために「女性が選んではいけない男性」3要素

婚活でも恋愛でも選んではいけない危険な種類の男性が存在しますが、その特徴を詳しく解説します。 不幸な交際に持ち込まれないよう、予備知識として ...

続きを見る

新生活の準備をサブスクリプションで軽くする

結婚、離婚を含め多くの引っ越しを経験した私の体験をもとに、お話しします。

新しい生活はウキウキしますが、物件探しをして引っ越しをして、家具、家電を新しく買い替えたり処分したり、金銭的に大きな負担が生じます。

互いに持っている物を持ち寄ることもあると思いますが、結婚と違ってご祝儀が無いので、足りない家具や家電があれば出費がますます増えてしまいます。

この先どの程度継続するのか読めない所がありますから、まずは家具&家電のサブスクリプションで足りない物を揃え、徐々に二人で相談しながら購入していくと無理が生じないですよ。

■家具&家電のサブスクリプションの特徴

  • 初期費用が抑えられる。
  • 不用品の回収や組み立て設置も依頼できる。
  • 汚れても壊れても大丈夫(レンタル料金に保険が含まれる)。
  • 家具の交換をいつでもできる。

実際に暮らしてみて、

あぁ、やっぱり長く続きそうにない

となってしまった場合、解約するだけで済みます。

■ライフステージに合わせて交換ができる家具や家電のサブスクリプション。

新規登録で2,000円分のポイントを貰う
家具家電のサブスクリプション【CLAS】

CLAS(クラス)

他国と比較して日本での「同棲」は認められにくい

また水を差すようでごめんなさい。

ここで、同棲大国フランスの例をあげます。

フランスでは入籍しなくとも、夫婦と同様な一定の補償を受けられる等、制度そのものが日本とは全く異なりますし、周囲からもごく普通のカップルとして認められます。

以下のグラフを見ても、「結婚は必ずすべきだ」、「結婚はしたほうがいい」と合わせても30%を少し上回る程度で結婚の価値が低いんです。

一方、注目すべきは日本での「結婚はしなくてもよいが、同棲したほうがよい」という考えは超保守的な韓国を下回る1.9%です。

少なくとも現時点での日本での「同棲」に関する捉え方を見ると、立ち止まって考え直したほうが安全、というのが現実です。

出典:内閣府「結婚に対する考え方の国際比較」

親の反対意見の意味を考慮する

以上のように、同棲をすると結婚自体が遠ざかるうえ女性へのダメージが大きいのです。

もし、結婚していたなら、離婚せずに譲歩し合い互いの成長が得られる機会になったのかも知れないのに、覚悟のない同棲をしたばかりに分裂していまうのは残念です。

男性は相手の女性を大切に思っているのなら、真摯な姿勢で結婚にコミットして欲しです。

親が反対する気持ちを尊重しましょう。

親は、そのようなマイナス面をよく知っています。

だからこそ、大事な自分の子供が同棲したがるのを反対するのです。

特に女性の親は圧倒的に同棲を嫌います。

大事な娘の時間を、そんな曖昧で不安定な状況に費やすのを許可しないのは至ってまともな親御さんです。

同棲の代替案「暮らすような長期の旅行」をしてみる

結婚を決める前に、相手の本来の姿をもっと知りたいという場合は長い旅行をしてみてはいかがでしょうか?

昔、「成田離婚」という言葉が流行りました。

それは、新婚旅行で海外へ二人で出かけ、旅行中に互いの粗が見えた結果、成田空港へ帰国後に早いタイミングで離婚してしまうカップルが多発したというものです。

それを踏まえ、結婚前に長期の旅行をしてみる意義は大きいと思います。

入籍せずに旅行するので「離婚」とは無縁の状態で、それまで知らなかった相手を知ることができます。

相手のことをもっと確認したい、知りたいという方へおすすめします。

但し「離婚」というのは長年連れ添った熟年夫婦にも生じることなので、あまり考え過ぎると結婚自体をずっとできなくなる危険性があります。

結婚には一定の妥協点や決意が必要になります。

CLAS(クラス)

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

親目線でこの記事を書いてきましたが、特に女性には良いことが無いです。

また、あなたが男性で「同棲したい」と考えたなら女性のデメリットをよく理解してあげてくださいね。
それでもやはり同棲を選択したい場合は以下の事柄を事前にきちんと話し合って決めておきましょう。

  • 同棲する期間
  • 家事の分担
  • お金の分担と管理

万が一、上記の話し合いがうまく進まなければ、同棲も結婚も困難な二人という結論が待っているかも知れません。

どちらにしても、最終的には双方で納得するまで話し合って決めた結論が一番となります。

以上、「結婚前に同棲するとデメリットが圧倒的な理由を解説」でした。

© 2021 婚活ガイア