婚活のヒント

高望み婚活が失敗の原因!「発言小町の超アラフォーの悩み」に学ぶ解決策

2020年10月6日

超アラフォー/40~50代の男女が婚活に失敗してしまう大きな原因が「昔の栄光を手放せずに高望み条件を見直さないままでいる」ことにあります。

年齢を重ねる毎に婚活が悲惨になっていると実感している方は多い事でしょう。ここでは発言小町にあったある40代の女性の相談ごとをもとに考察しています。

この記事を最後まで読むと、自分の現在の立ち位置を把握したうえで成果の出やすい婚活をするヒントを得られます。

少しだけ方向性を変えればチャンスはあります。

高望みは超アラフォー(40~50歳)婚活の失敗の典型

ふと見かけた相談ごとの有名掲示板での超アラフォー女性の悩み事。婚活が失敗している原因があまりにも明らかなので、今回、これを参考に考察します。

うまくいかない男性にも当てはまりますので参考にしてくださいね。

■ズバリ!失敗の原因は高望み

その相談者は20代から婚活を始めたのに、遂にアラフィフの現在まで結果が出ていないという悲惨な悩みを持っています。

こんな結果に至ってしまった原因は、アラフィフの現在も希望条件の見直しをしていないことにあるのが明らかです。

相談者自身は次のように意見を求めていました。

自分が惨めに思えて辛い。同世代で未婚の方、これからをどう考えていますか?

それに対し、なぜか彼女より若い世代の既婚女性から、手厳しい非難の言葉が投げかけられています。

安い婚活パーティやネット婚活しかしていなかったからでしょう
費用をケチったことが失敗の原因だ

では、仮に高額な結婚相談所に登録したらうまくいったのでしょうか?それは違います。

どの婚活サービスを選んでも、この相談者が同じやり方をしている限りは同じ結果となっていたことでしょう。

婚活サイトなどでは20代女性には100件以上ものメッセージが一挙に届くといいます。

この相談者も若い頃の容姿には多少の自信があり、20代の頃に「モテ現象」を経験し、男性を選び放題という立場にあったようです。

この「モテ現象」は男性の30代にも当てはまります

その繰り返しを重ねるうちに、20代の頃は妥当だった希望条件が「高望み」へと変わってしまったんですね。

オーネットスーペリア

自分の立ち位置を理解したら希望条件を見直す

まずは、今までのやり方を根本的に見直す必要があります。

【原因】

  • 実家暮らしでのんびりしているうちに、あっという間に時間が過ぎた。
  • 婚活が生活の一部になってしまい危機感を持たなかった。

20代からアラフィフの今までの間、妥協を許さなかった彼女のハイスペックな希望条件を見てみます。

【希望条件】

  • 年齢差は5歳位まで
  • 専業主婦希望
  • 一流企業で高収入
  • 身長、外見にこだわりあり
  • 親と同居不可

そして、オシャレで素敵な家に住み旦那さんに素敵な洋服を買ってもらい、年に一度は海外旅行、エステ通い、習い事をして、友人に羨ましがられるような結婚生活を夢見ていた。

とのこと。。。これは余りにも現実性が無いです。

バブル時代が終わって、かれこれ25年以上が経過しています。

もし、婚活期間が長くなっている方でうまく進まないという方は、これを反面教師として条件面が現実離れしていないかどうかを、いま一度確認することをお勧めします。

思い込みを捨て現実を受け入れる

相談者いわく、いまは、

悪条件の”バツイチ子持ち”にさえ断られる

・・・実は、これも認識が間違いっています。

この相談者にしてみれば、バツイチ(子持ち)男性は最悪と見下すような存在のようですが、実態はそうではないはずです。

現実を直視する

40歳を過ぎた男性の場合は、未婚よりもバツイチの方が協調性があり人当たりも良く、モテる。

厚生労働省の人口動態調査のデータによると以下の結果がはじき出されています。

  • 生涯未婚男性40代の結婚確率:26%
  • バツイチ男性40代の結婚確率:38%

また、初婚女性とバツイチ男性との婚姻率も増加傾向にあります。

■「夫 再婚-妻 初婚」の割合
平成20年~22年:9.4%
平成23年:9.5%
平成24年:9.7%
平成25年~26年:9.8%
平成27年:10.0%

参考:平成 28 年度 人口動態統計特殊報告

どちらにしても、本人が自分自身に問題があるという現実に気づけたなら話が早いです。

答えはすぐ目の前にあります。

思い込みを捨てる

【今までの行動・思考】

  • 希望通り結婚できると思っていた為、仕事には全く興味が無かった。
  • 30代で正社員をやめ、その後はずっと派遣社員でやって来た。
  • 危機感を抱かなかったのは、結婚して旦那さんのお給料で生活できると信じていたから。
  • 洋服や遊びに散財してきたので貯金は少ししかしていない。
  • 実家暮らしでのんびりしていた。

やはり、年齢は重ねるも自己を磨くことに努力をしておらず、変わっていく社会情勢への気づきが足りなかったようです。

しかも、アラフィフ世代の時代の流れをみた場合、バブル期が終わり経済が次第に落ち込んでしまったこの20年間とちょうど時期が重なっていることも、偶然ながらタイミングが悪く同情する余地はあります。

諦めずに、現実を直視しながら視点を変えて婚活を続けていけば新たな兆しがみえるはずです。

◎自分が求める条件、妥協できるところはないかチェックは必須

アラフォー婚活で妥協して後悔しないために確認する7つのポイント

アラフォー(30~40代)の男女が婚活を成功させるには「妥協が必要」とよくいわれますが、いったいどんな妥協をしなければならないのでしょうか。 ...

続きを見る

許容する範囲を具体的に広げる

この相談者の課題は、前章に説明した様に希望条件を一切譲らなかったことです。

現実を直視して、これからは以下の条件に変更していけば新しい可能性が生まれます。

バツイチ男性を全面的に許容する

正直言ってイチオシです。

40代過ぎて一度も結婚経験の無い男性よりもバツイチ男性のほうが人間的に成長している側面があります。

■その理由として一度は結婚という人生の大きな決断をした実績があること。

生涯独身男性には、その大きな決断経験がありませんし今後も決断できるかどうかも不明です。

■一度は家庭を持ち家族を守るとはどういうことなのかを経験し知っている。

この時代、日本での離婚率は約35%です。離婚のすべてが悪いことではなく前向きな離婚をしている人が大勢います。

■子供が成人しているなら許容する。

50代を過ぎれば子供たちは既に成人して独立しているケースが多いため、落ち着いた二人の時間を過ごせます。

専業主婦希望を諦める、あるいは表明しない

経済が停滞している現時点では全体的に共稼ぎ志向と変化していますので、専業主婦を希望するのは好まれないです。

どちらにしても、最初から完全にパートナーにぶら下がるような姿勢を表明するのはやめておきましょう。

外見は妥協する

生理的に受け付けられない相手以外は、嫌わずに数回は会ってみましょう。

今まで長い間、ひとつのこだわりに固執していた人がそれを手放すのは簡単ではないかも知れません。

しかし、厳しいことを言いますがその姿勢を改めない限り誰からも受け入れてもらえない日が続きます。

婚活サービスにお金をつぎ込むだけで結果を得られないなんて悔しいですね。

最終的に、現実的に自分の考え方を改めるか全面的に結婚を諦めるかの二者一択になってくると思います。

婚活市場での「男性不足説」は嘘|その事実と対策3つをお伝えします

婚活をしていると「男性が少ない」という話が時々聞こえてきますが、実は部分的には本当ですが相対的には嘘、誤りといえます。 結論からお伝えすると ...

続きを見る

オーネットスーペリア

ネガティブな思考をやめる

相談者は「周りの友人達はみんな結婚し、いつのまにか家庭が最優先になり会話の端々から幸せな結婚生活が伝わってくるから、たまに会っても嫉妬心で辛くなります。」と言います。

妬むのをやめる

私の周囲にいるアラフォー婚活女子の中にもネガティブな人がいます。

何に関しても文句や批判が多く、お見合い後の見極め期間の相手に関しても悪口ばかり吐いています。

自分が反対側の立場にいたとしたら?そんな不平不満ばかりの配偶者なら欲しくないと感じますよね。

あるいは同じような相手であれば結婚できるかも知れませんが...

言霊というものもあり、言ったことは自分に返ってきます。また、自己の人生と友達の人生は比べたり競い合うためにあるのではありません。

人は人、自分は自分ですね

嫉妬する心は良くないです、せめて羨ましいという気持ちにとどめましょう。

婚活だけに集中しないで何か楽しい趣味や得意なことをして自己を磨いて、私って結構できるかも?と思えたらいいですね。

ネガティブな感情を持っていると、その人の見た目も人相も暗くなりますから良い男性が近づきにくくなります。

別の道も考えにいれる

全てを結婚のための生活にしてしまうのはやめて自己の力で生活していく道も考え、力をつけておく。

そうすることで精神的にとても余裕ができるので、もっとゆったりした気持ちで婚活に向き合えます。

焦らない。明るく優しい雰囲気が好かれます

第二の人生を共に過ごすパートナーを探しているアラフィフを超えた男性は大勢います。

婚活サービスを選び直す

私にとっても他人ごとではなく希望条件をやや高めにしていましたが、別の心の準備もしておけば余裕が生まれますよ。

希望に叶う相手と出会わなかった場合はずっとひとりで暮らしていってもいいと考え、老後も自分の力で生きていけるような準備を同時進行させるのです。

きっと、ひとりでは寂しい、家族が欲しいと考えている方の方が多いのではないかと推測します。

その場合は、やはり結婚相談所で本気で頑張るのが一番です。

今まで、ずっと成果が出せなかった結婚相談所は諦めましょう。

もっとあなたに合った結婚相談所とは?会員の属性に注目してくださいね。

あなたの年代を求める会員が多く登録している結婚相談所こそがあなたに一番合った場所であり、成婚に近い場所です。

オーネットスーペリア
私は以前、「オーネット」で婚活していた時に月々の規定紹介数に達しない時期がありました(泣)。その時の担当者のすすめにより、少しの手数料で「オーネットスーペリア」へ入会しなおしたのです。
移行してから申込数がとても多くなり、視野が大いに広がりました。男女とも45歳以上が対象の大人の結婚相談所です。

今すぐ無料資料請求する⇒【オーネットスーペリア公式サイト】

エキサイト婚活
結婚相談所よりもお手頃な婚活サービスで検討したい方。
大人世代の会員が多いのは、あのエキサイトが運営する「エキサイト婚活」は安心の全額返金制度があります。

直ぐに会員登録して始める⇒【エキサイト婚活公式サイト】

華の会メールBridal
コロナ禍だし家にこもりながら地道に婚活を続けたい方。
婚活コミュニティサイトに無料登録後、 メール交換をメインに交際ができます。対象年齢が30歳から70歳までという幅広さ。

今すぐ無料登録して始める⇒【華の会メールBridal公式サイト】

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

20年もの間、うまくいかなかった女性でも物の見方を変えて視野を広げていけば新しい世界が広がります。

最終的には、全ては自分の決意次第!

人と自分を比べるのはやめましょう、何の役にも立ちません。

ここまで辛かった分だけ、これからに人生でとても楽しく平和な日が待ち構えているかも知れません。

以上、『高望み婚活が失敗の原因!「発言小町の超アラフォーの悩み」に学ぶ解決策』でした。

© 2021 婚活ガイア