婚活コラム

婚活は同時進行が当たり前?難しいと感じる人への解決策

この記事は、結婚相談所を利用するなか、同時進行に疑問をもち、悩んでいる男女へ向けた記事です。

結婚相談所にも様々なサービスがありますが、どの相談所でも複数の相手との同時進行を推奨していることをご存知ですか?

同時進行が精神的に負担になり疑問に思っているのは、あなただけでは無く、悩んでいる人が多いのです。

その独特な考え方と対処のしかたを書いていきます。

仮交際、真剣交際、そして、その境い目

結婚相談所の独特の言葉で「仮交際」と「真剣交際」というものがあります。

■どういう意味?
仮交際:ちょっといいかな?と思う複数の人と並行して付き合う軽い交際
真剣交際:結婚を視野に入れてたった一人に絞り込んだ交際

この「仮交際」が、今回の課題である同時進行の時期にあたります。一般的な恋愛だと二股なのでは?という感じがしますが・・・。

婚活においては、短期間のうちに同時に複数の人と会ってみて、相手を見極める為の期間をさします。

仮交際だけで終わらせるのか、真剣交際へ移行するのか、その分岐点でもまた困惑してしまうことがあるようです。。。

ある結婚相談所では「1年で成婚!」というキャッチコピーで宣伝しているところもあり、このことからも、もの凄い効率化をはかっている現実が見えてきます。

同時進行の嫌悪感からの脱却のしかた

並行して2~3人の異性と会うので、「そんな器用なことはできない」「遊んでいるみたいで嫌」と抵抗を感じて嫌悪感を抱く人も少なくないのでは?

そこで、結婚相談所での論理(言い訳)を私が代弁するカタチで、同時進行のメリットと、負担の減らし方、上手に同時進行を進めるコツをご紹介していきます。

同時進行の目的

同時進行の目的は、ズバリ、短期間で理想の相手を見つけること。そのためには必要な手段なので、割り切ることが大切とされています。

■同時進行が勧められる理由5つ

  1. 短期間に大勢の男性と会えるチャンスがある
  2. 同時に複数の男性を比較できる
  3. 男性との交際経験の少なさをカバーできる
  4. 心に余裕があるので断られてもダメージが少ない
  5. 自分が本当に望んでいるものに気付ける

相性の良い相手に出会うためには、同時進行は仕方のないことと理解していても、相手が自分に好意を持ってくれていると思えば断りにくくなってしまいます。

そのため、仮交際中は本当に軽い気持ちでちょっとご飯を食べに行く、という程度に捉えます。

しかし、相手側でも同じように同時進行している確率も高いですから、現実を冷静に理解してしまえば、お互い様であることがよく分かります。
そう思えば、気持ちがグッと軽くなるのではないでしょうか。

特定の人に深く感情移入したら?

凄いことです!感情移入するとは、その人を自然に好きになっているから。

もし、特定の人に深く感情移入した場合、その人があなたに相応しい人なのでは?自分の心に聞いてみましょう。

確信が持てたなら、その人が真剣交際をする相手候補としてすすめていきます。もちろん、他の方々へは丁寧にお断りを入れます。

結婚相談所が注目される理由

内閣府「令和元年度 少子化社会対策白書」によると、どのような状況になれば結婚すると思うかを聞いたところ「希望の条件を満たす相手にめぐり会うこと」が30.5%となっているという結果です。
約3割の人が、自分が希望する条件を満たしている人を結婚の条件としています。
現実的に考えると、通常の日常生活を送る中では対象となる相手に出会うことは滅多にないことがわかります。

これらの理由から、結婚相談所の存在価値が注目されるのです。
大手結婚相談所なら何万人もの結婚を希望する目的を持った会員の中から相手を選べます。

その機会を最大限に活かすには、複数の相手と同時進行をする、という方法をとることになります。
また、月会費がかかることもあり、より合理的な活動を推奨される状況なのです。

同時進行で大変なことと対処法

婚活の同時進行で大変なこととデメリットもあるので、ここであげていきます。

【同時進行のデメリット4つ

  1. 誰がどんな人だったか分からなくなる
  2. デート代がかさんでしまう
  3. 1人に決められず迷うことがある
  4. 心身共に疲れる

同時に複数の男性とつながっていると、「誰が誰だか分からなくなってくる」という現実的な問題が起こります。

たとえば、メールやLINEの会話を他の人と取り違えて送りそうになってしまう、同じ質問を何度もしてしまうなど、犯しがちなミスです。

もし名前を呼び間違えでもしたら、いっかんのおしまい。こうしたミスを防ぐためには、デートが終わるごとに、行った場所や服装、話したこと、男性の性格などをメモしておきます。

そういう面を考慮に入れつつ、さらに金銭的な負担も考えると、最大でも3名との仮交際にとどめておくのが安全です。

一人に絞り込めずに迷ったら

同時進行の期間は一か月としている相談所がありますが、3~4回デートすれば結論を出していけると考えられています。

しかし、いよいよ誰と真剣交際をしていくのかを見極めることが難しい、一人に絞り込めない、という悩みが出てきます。。。

仮交際1か月で進展が無ければ諦めて次へ

だらだら仮交際を延長するのは相手の時間を奪うことにもなりますので、何回かデートをしたら、あらかじめ優先順位を整理して1人に決めることが大切です。

お互いが「この人だ!」と思えていない状況だから、進展がないわけです。
その先良い方向に進む可能性も高くないと考えているので、状況を見ながら早めに判断できるといいですね。

◎あわせて読みたい記事「アラフォー男女が婚活を成功するための妥協と対策」。

同時進行を相手に伝えるべき?

同時進行はルール違反でも珍しくもありませんので、あえて相手に言う必要はありません。お互い様です。

答え方としては、「いろいろな方とお会いして、じっくり決めていきたいと思っています」など、柔らかい表現で伝えるほうが無難です。

何よりも先に自分のメンタルをまもること

前の項までは、一般的に当てはまることを書いてきましたが、、、実は私自身、登録したどの結婚相談所でも、紹介される人数がとても少なかったんです。

さらには合意できる相手の数も少なかったのが現実です。そのため、幸いにも同時進行をしたことがありません。

常に単独で、しかも1回~3回会うだけでお仕舞い、という流ればかりでした。

従いまして、アラフォー、アラフィフの方々へは、当てはまらない部分が多々あったかも知れませんm(__)m

どちらにしても、ハッキリ言えることは。。。
互いの気持ちをしっかりと確認するまでは、あまり深入りしないように軽やかな気分でいることをオススメします。

精神的な痛手は想像以上に大きなものです、あなたの精神的な痛手を、最小限に食い止めることが一番大切なことです。

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

この記事では、結婚相談所での交際の同時進行についてメリット、デメリットや上手に進めるコツをご紹介しました。

「仮交際」はお見合いの延長線上にあるものであり、本当の交際とは全く違います。。
同時進行は当たり前、お互い様だと割り切って、上手に婚活を進めていきましょう。

以下のリンクは、アラフィフ、アラフォー特有の課題に焦点を当てた記事なので、ご参考にしてみてくださいね。

◎あわせて読みたい記事「アラフォー男女の婚活成功のための条件

◎あわせて読みたい記事「現実を見なかったアラフィフ女子の婚活の失敗と復活

 

以上、「婚活は同時進行が当たり前?難しいと感じる人への解決策」でした。

■■  ■■  ■■

【オススメ】
以下は、私が数多く利用してきた婚活サービスの中でも特に秀逸だったサービスです。

◎アラフォー~アラフィフの方へ
オーネットスーペリア無料資料請求

◎アラサー~アラフォーの方へ
オーネット無料資料請求

◎結婚相談所とネット婚活のいいとこどりサービス
オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングNo.1
ゼクシィ縁結びエージェント 無料カウンセリング

◎メールから始める大人の婚活
大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】無料登録

-婚活コラム
-, , , ,

© 2020 超アラフォーの婚活応援ブログ Powered by AFFINGER5