婚活選び&使い方

結婚相談所からの勧誘電話がしつこい時に一撃でとめる方法

2021年2月6日

結婚相談所からの「しつこい勧誘電話」を事前に避ける、或いは電話をスムーズにやめて貰う方法をお伝えします!

結婚相談所を選ぶ時、ほとんどの方が資料請求をしてコンサルタントの説明を受けることでしょう。相談所は高い費用がかかるので、即決せずに一旦持ち帰って検討する方が圧倒的だと思います。

私も即決せず二か所以上の結婚相談所を比較したわよ

では、どのようにしたら「しつこい勧誘電話」をやめてもらえるのか?

この記事を読むことで、あなたが勧誘への対処法がわかり安心して入会前のコンサルタントを受けることが出来るようになります。

最初の段階で勧誘電話はお断りしておき、それでもしつこく勧誘してきた場合の一撃方法を具体的にお伝えします。

結婚相談所の勧誘電話は説明会参加時から阻止しておく

あらかじめ、どのタイミングで何をどのように伝えるのかを確認しておきましょう。

結婚相談所は高い初期費用や月会費がかかりますから簡単には決められません。私も、自分自身もそのようにしましたし、読者の皆さんへも二社以上の無料資料請求&コンサルタントを受けることをオススメしています。

その場で入会を決めずに一旦持ち帰って考えるのは当然の流れですが、それでもしつこい勧誘をされたら嫌なものです。

あらかじめ以下のようにお願いすることを決めておきましょう。

  • 店頭ではなくオンラインで初回の説明を受ける
  • 最初の段階で電話でのフォローをお断りする
  • それでも電話が着たら連携不足を指摘し警告する
  • 再三電話が着たら一撃の言葉を告げる

では、次の章でひとつずつご説明していきます。

結婚相談所入会前に自分自身で流れを把握しておく

店頭ではなくオンラインで初回の説明を受ける

ほとんどの場合、結婚相談所の無料資料請求をする際に説明会の希望日を求められるようですが、その際、説明会はオンラインで受けることを希望しましょう。

幸い、コロナ渦の影響で多くの結婚相談所でのオンライン化が劇的にすすみましたし、パソコンが無くてもスマホがあればオンラインでの説明は簡単に受けられるんです。

店頭では、どうしてもプレッシャーを感じて「今日は入会を決められない」と言にくいところがありますよね、でもオンラインの場合、しつこく迫られたら、ちょうどバッテリー切れになる寸前のタイミングと申し出て(汗)ボタン一つで終われます。

最初の段階で電話でのフォローをお断りする

入会を決めていない状態だと、説明を受けた後にフォローの電話がかかってきます。

しつこい電話での勧誘でノイローゼになりそうだった

という感想を複数聞いたことがあります。

初回の説明を受ける時には「連絡の際は電話ではなく必ずメールにしてください」と伝えておきましょう。

それにより、まともな結婚相談所でしたら勧誘の電話はかかってこないはず。

それでも電話が着たら連携不足を指摘する

それでも電話がかかってきたら、場合によっては単なる連携ミスである可能性も考えられます。

いきなりの一撃では少々お気の毒なので「電話ではなくメールでお願いしたはず、今後も約束を守れず電話をしてきたら契約できなくなります」と言いましょう。

先方は契約を取り付けることを目的に勧誘の電話をしてきますから「契約できなくなる」と言い釘を刺しておきましょう。

再三電話が着たら一撃の言葉を告げる

再三の電話がくる前に入会していれば必要ありませんが、未だ検討中なのにまた電話がかってきたら、最後の一撃です!

これ以上電話してきたら消費者センターに連絡しますよ

これを言うと、先方は引きさがりますから、本当に消費者センターへ連絡する必要はないと思います。

結婚相談所は「特定商取引法」という法律の対象となっており、しつこい勧誘は処罰の対象になります。

参考:消費者庁公式サイト

まともな会社はコンプライアンスに則った運営をしますので、無茶な対応はしません。そんな部分も大切なので、大手の結婚相談所を選ぶことを推奨します。

以下の記事ではいち早くオンライン化へと進化された結婚相談所をご紹介しています。

婚活は結婚相談所のオンライン対応でOK!おすすめ四選

婚活はコロナ渦ではできないと思っている方へ朗報です。 コロナ渦では、Zoom等を使ったオンライン婚活で乗り切ることが出来ます!諦める必要はあ ...

>>婚活は結婚相談所のオンライン対応でOK!おすすめ四選

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

ご説明した方法は、基本的にどの結婚相談所についても同じ流れで大丈夫です。

先方も営業成績がかかっている等の事情があるかと思いますが、お断りする権利もあるのです。

  • 店頭ではなくオンラインで初回の説明を受ける
  • 最初の段階で電話でのフォローをお断りする
  • それでも電話が着たら連携不足を指摘し警告する
  • 再三電話が着たら一撃の言葉を告げる

せっかく婚活を決意して結婚相談所に入会するのですから、気持ちよく進んでいきたいですね。

以上、「結婚相談所からの勧誘電話がしつこい時に一撃でとめる方法」でした。

  • この記事を書いた人

Hoko Takehi

Hokoの婚活ブログです!女性も男性も、いまこの瞬間も婚活に頑張っている方の悩み解決のヒントを発信・共有■私自身の失敗に基づく体験談や注意点も■国内海外両方の婚活事情に精通■運営側ではなく"ユーザー目線”で考察■上場企業⇒衆議院議員私設秘書⇒外資系企業⇒ITエンジニア■ご相談事は下方のボタン【ご相談・お問合せ】で受付中 ☆彡質問箱@Twitter 始めました★婚活の悩み事、この相手がちょっと怪しい等のご相談はお気軽にご連絡ください♪

人気の記事

1

今回は「オタクの婚活」が主題です。ゲーム、アニメ、マンガなど特定の分野に人よりも熱中している方は注目してくださいね! 実は、ネットを利用した ...

2

これから結婚相談所を選んだり見直すとしたらどこがいいのか?「ネット上にはランキングや比較サイトがあふれているけど、何が真実なのかわからない」 ...

3

人気のペアーズにも頻発する国際ロマンス詐欺の特徴、見分け方を実例をもとに詳しくお伝えします。 被害に遭わぬよう予備知識として知っておきましょ ...

4

婚活世代にとって結婚相談所は婚活アプリの便利さと比較すると、古くて意味ないオワコン(終わったコンテンツ、時代遅れ)なのか?考察します。 こち ...

5

婚活をしていると「男性が少ない」という話が時々聞こえてきますが、実は部分的には本当ですが相対的には嘘、誤りといえます。 結論からお伝えすると ...

© 2021 Hokoの婚活ブログ Powered by AFFINGER5