婚活のヒント

厳しい婚活で「自分に合う人」が選べない時の解決策

2020年10月17日

厳しいアラフォー婚活で条件ばかり比較し「自分に合う人」が選べなくなった時の解決策を書いた記事です。

婚活で多くの異性に会っているうちに、だんだん「自分に合う人がわからなくなってきた」あるいは「自分に合う人は居ないのではないか?」というスパイラルに陥っていませんか?

そのまま婚活を続けると、次々と悩みが出てきそうですし、自分にふさわしい相手を見つけるのは困難なまま時間ばかりが経過してしまいます。

そんな時は、いったん立ち止まって考え、自分に合う人はどんな要素がある人なのか?を改めて見直してみましょう。

婚活のための条件ではなく自分は何を求めているのか

自分はいったい何を求めているのか、もういちど見直して考えてみましょう。

以外に曖昧な方が多いのではないでしょうか。

そもそも、自分のことがよくわからない場合は当然ながら、自分に合う人がわからないですよね。。。

まずは、自分自身と向き合ってみましょう。

【自分への問いかけ】

  • 何が好きで何が嫌いなのか
  • 何のために結婚したいのか
  • 結婚してどのような人生を送りたいのか
  • 自分は相手にリードして欲しいのかどうか
  • 自分は自立心が強くて仕事を継続したいのかどうか

ここで、答えが見いだせれば、「自分に合う人」を探す要素がわかったも同然です。

「本当に自分が必要な条件」を明確にし、的を絞って婚活をしていかないと永遠に相手が見つからないことになるからです。。。

自分を今一度見つめなおすことは肝心。

◎今の自分と現実を受け入れなかった人の失敗

アラフォー&アラフィフ婚活「高望みの悲惨」失敗と解決策

アラフォーからアラフィフ世代の婚活男女が昔の栄光を手放せずに「高望み条件」を見直さないと、成婚が遠ざかってしまう、その実例をご紹介します。 ...

>>現実の厳しさを見なかった高望みアラフィフ女子の婚活の失敗

では、次に、現在の婚活市場はどんな状況なのかを理解し、そこから実現可能な方法を見極めていきましょう。

条件設定の「年齢」は重要なポイントになる

婚活も一定の戦略を立てることで、より効果的な活動が出来るようになります。

戦略と言っても状況を知ることなので難しくはありませんのでご安心を。

リクルートブライダル総研の「婚活実態調査」によると、2018年から、30代と40代の婚活男女が急増していることが分かります。

そして、その内訳をみていくと、男性は年下女性との成婚率が高いという統計結果。

従って、戦略的には以下のように対象年齢を絞ると効果的でマッチしやすくなることが分かります。

  • 30代女性はアラサー後半からアラフォー男性をターゲット
  • 40代女性はアラフォーからアラフィフ男性をターゲット
  • 50代女性はバツありの同世代から年上も視野に入れターゲット
数少ないパイの中で競い合うよりも、自分の立ち位置を理解したうえで活動すると自分に合う人と出会える確率が上がります。

◎歳下女性を好む男性への攻略はできるのか

40代婚活男性が歳下女性ばかり求め40代女性を見ない心理

婚活をする40代男性が歳下の女性ばかりを求める心理と理由をご説明します。併せて40代女性が、そのような男性を射止めることが出来るのか考察。 ...

>>アラフォー婚活で「歳下女性を好む男性」を射止めるための重要ポイント

今回の「婚活実態調査」を実施したリクルート系列の「ゼクシィ縁結びエージェント」は結婚相談所としては費用が安価で、ネット婚活の良さも合わせ持ったサービスです。

自分のペースでスピード感ある婚活をしたいけど、アドバイザーへの相談も必要だと思っている方にオススメします。

オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングNo.1 
いますぐ無料相談を申し込むゼクシィ縁結びエージェント

◎現代の婚活市場にはアラサー、アラフォーが増えている背景にある物

*アラサー、アラフォーの婚活が急増してる理由

アラサー、アラフォーの婚活が急増してる理由。 このブログでも、アラフォー世代を中心とする婚活を応援する記事を書いていますが、全国の20~40 ...

>>アラサー、アラフォーの婚活が急増してる理由

条件以外に本当に自分に合う人を見極める基準を認識する

現代の日本での離婚率は、35%を超えていますす。

また、厚生労働省による「平成30年人口動態統計月報年計の概況」の“同居期間別にみた離婚件数の年次推移”によると、結婚5年未満の離婚が一番多いという結果が出ています。

更に、恋愛の賞味期限は3年といわれていることからも、結婚を前提として考えると「自分に合う人」とは長い期間をともに暮らしていける人という意味につながります。

結婚したあとも年を取るごとに、愛情と信頼感が増していく。

そんなお相手が「自分に合う人」といえるのではないでしょうか。

【自分に合う人】

  • 長時間一緒にいて疲れない(波長が合う)
  • 自然体の自分でいられる
  • お互いを尊重し合える
  • 金銭感覚が同じ
  • 欠点をカバーし合える
  • 致命的に嫌いな点がない
  • 信頼し合える

上記を見ると、一般的な婚活で重視されるような「年収」「学歴」「身長」「容姿」などのスペックとは異なります。

それよりも、現実には内面的なものが一番重要であり、そのポイントが最終的にはその結婚の善し悪しに辿り着くのではないでしょうか。

恋愛と結婚は全く別物です。恋愛は、その場の感情が何よりも優先されるため、相手の欠点を見て見ぬふりもできます。

例え、相手が働いていないとしても乗り切れるかもしれません、責任が伴わないからです。

結婚はそうはいきません。昔ながらのお見合い結婚もそうですが、最初は恋愛感情すらなかった相手との間に徐々に信頼と愛情を育てていきます。

◎自分に合う人って、妥協って?

婚活で失敗しない「直感力と決め手になる要素3つ」の活用

アラフォー婚活で失敗しない「直感力と決め手になる要素3つ」を有効活用。 婚活するアラフォー、アラフィフ世代の皆さんは何を結婚の決め手にしてい ...

>>アラフォー婚活で失敗しない「直感力と決め手になる要素3つ」を有効活用

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

最大の戦略とは、自分自身を知ることでした。そして、現実を直視すること。

時代はどんどん流れ、変化しているので、柔軟に対処していけば最短距離でパートナー候補を見つけ出すことができる可能性が高まります。

それは、結果的にすべて自分自身の幸せというカタチで返ってきますので、惜しみない努力をしていってみましょう。

◎出会いを広げたいなら

40代に掛け持ち利用をおすすめ!婚活サイト3選

婚活アプリと結婚相談所を複数掛け持ちでの利用を検討しているアラフォー世代の方へ向けた記事です。 婚活サービス複数を併用して掛け持ち利用するこ ...

>>アラフォー婚活~「婚活アプリかけもちで出会い倍増のメリット」とオススメ6選

以上、「婚活で「自分に合う人」がわからないのは厳しい、見分け方解説します」でした。

  • この記事を書いた人

Hoko Takehi

Hokoの婚活ブログです!女性も男性も、いまこの瞬間も婚活に頑張っている方の悩み解決のヒントを発信・共有■私自身の失敗に基づく体験談や注意点も■国内海外両方の婚活事情に精通■運営側ではなく"ユーザー目線”で考察■上場企業⇒衆議院議員私設秘書⇒外資系企業⇒ITエンジニア■ご相談事は下方のボタン【ご相談・お問合せ】で受付中 ☆彡質問箱@Twitter 始めました★婚活の悩み事、この相手がちょっと怪しい等のご相談はお気軽にご連絡ください♪

人気の記事

1

今回は「オタクの婚活」が主題です。ゲーム、アニメ、マンガなど特定の分野に人よりも熱中している方は注目してくださいね! 実は、ネットを利用した ...

2

これから結婚相談所を選んだり見直すとしたらどこがいいのか?「ネット上にはランキングや比較サイトがあふれているけど、何が真実なのかわからない」 ...

3

人気のペアーズにも頻発する国際ロマンス詐欺の特徴、見分け方を実例をもとに詳しくお伝えします。 被害に遭わぬよう予備知識として知っておきましょ ...

4

婚活世代にとって結婚相談所は婚活アプリの便利さと比較すると、古くて意味ないオワコン(終わったコンテンツ、時代遅れ)なのか?考察します。 こち ...

5

婚活をしていると「男性が少ない」という話が時々聞こえてきますが、実は部分的には本当ですが相対的には嘘、誤りといえます。 結論からお伝えすると ...

© 2021 Hokoの婚活ブログ Powered by AFFINGER5