回顧録

婚活で超ハイスペック男性を断った傲慢な私の気づき

私の40代の頃に、オーネットへ入会していた時のことです。まだ婚活という現実の厳しさに気づかず、強気で傲慢だった私の最大の後悔をお話します。

それは、私の婚活生活の中で最も若かった頃の出来事。

迷ったら真剣交際を断らない

誰よりも強く印象に残った男性、お付き合いを断ってしまったことを、長い間、後悔した想い出です。

学んだのは、「迷ったら断らない」です。

はじめて入会した結婚相談所は、当時の結婚相談所の中では一番デジタル化がすすんでいました。Webで相手を探せるというのが最大の魅力、それは「ノッツェ」。

入会して間もなく、未だアラフォーだった私に、もの凄いハイスペックな男性からの申し込みがありました。

超絶プロフィール

  • 慶〇大学卒業
  • 某大手上場企業の管理職
  • 程よいイケメン
  • 同じ年齢
  • 豊富な海外経験
  • な、なんと、三〇財閥直系の血統
  • 船舶運航免許所持
  • スキー検定一級所持

なのに、血迷った私は「お断り」してしまいました。 その後、数年間、そんな馬鹿な体験談を笑いのネタにしていました。

あなたは、そんな後悔をしないように、この体験談を参考にしてくださいね。婚活するうえで、ここだけは譲れない点と妥協すべき点を、もう一度整理してみませんか?以下の記事をあわせて読んでみてくださいね。

参考アラフォー男女が婚活を成功するための妥協と対策

発言小町やYahoo知恵袋の相談を見ても、アラフォー世代の婚活の悩みがたくさん寄せられており、いかに婚活が厳しいのかという現実がわかります。結論を言いますと、ある程度の妥協は必要と ...

続きを見る

追いつめられても逃げないで

プッシュされ過ぎて、慌ててお断りした???

「ちょ、ちょ、ちょっと待った!そこのアラフォーバツイチさん!」

現実の厳しさをまるでわかっていない、その頃の私自身に言ってあげたい気分です。

だが、しかし、ハイスペックな人にはハイスペックなりの課題をお持ちなんです。 プロフィールの結婚歴欄には「死別」という文字が。。。

婚活市場での結婚歴「死別」について

ご存知かと思いますが、一般に結婚歴が「死別」というのはあまり好まれません。

その理由としては、妻を亡くした「男性」の場合、亡くした想いから卒業していないまま、婚活を開始する人が多く、更に家財道具は妻が存命していた頃のまま、というケースが多いからということです。

さかのぼってみると、そんな不安要素を抱きながらコミュニケーションをスタートしました。 しかし、すぐに不安は吹き飛ぶことになりました。。。

彼の元妻は、長い別居の後、離婚調停中に病死したというお話。 そうなると、「別れたくなくて別れた死別」とは異なります。ここがとても重要なポイントなので肩の荷がすっと軽くなりました。しかし・・・

レディーファーストの振る舞いができる素敵な紳士

気分を取り直したところで、いざ実物の彼に会ってみると、レディーファーストの振る舞いができる素敵な紳士です。

彼の由緒正しいオーラがそうさせるのか?レストランの人の、彼に対するうやうやしい対応にも驚かされました。

結婚後の希望を切々と語る男性

◎家事をしなくていい(彼自身がする)

◎毎週ネイルサロンに通ってね

◎いつも美しくいて欲しい

◎膝上までのブーツを履いて欲しい(それを脱がせたい)

◎早期退職しモナコに住む

えーーーっ!これって現実ですか?・・・一部、奇妙ですけど。


深掘りするとマザコンな側面

●過保護な母と仲良し、母の話題が多 い
●ドM性格、イジメて欲しい

うーん、様子が変だぞ。これが由緒正しきお坊ちゃまなんだな。あり得るけど。

その場でさっそく、求婚か?と思う程のプッシュ攻撃がはじまる。 あまりにも予期しない数々の事柄に、呆気にとられた私はその場で答えられず。。。。

その後、返事を待っています!というメッセージ攻勢へと流れていきます。

婚活での最初の段階では相手の性格まで把握するなんてできないですね、その辺りは少し自分の直感力にも頼ってみましょうか?あわせて読んでみてくださいね。

参考アラフォー婚活で結婚の決め手になる要素5つと直感力

アラフォーに限らずアラフィフでも、婚活において、何を結婚の決め手にしていますか? 第一段階で、どの人と真剣交際をしていけばいいのか、迷うところですね。まずは、大切なポイント3つを見 ...

続きを見る

完璧な人なんか存在しない、許容する心が大事

あまりのハイスペックさ、家柄、どMさ加減、そして圧倒的なプッシュにすっかり混乱してしまった私は、逃げるかのように、お断りしてしまった。

いくつか思い当たる無自覚な原因

●実は、結婚する心の準備が出来ていなかった

●離婚後まだ3年目、一人の時間が欲しかったのかも

●婚活市場での自分の立ち位置を無自覚(アラフォー女性の辛い立場に気づいていなかった)

●恐れをなして断ってしまった浅はかさ

今思い返してみると、もしかするとその男性はマザコンだったかも知れません。 だから、お付き合いしても、その先うまくいったかどうかは不明です、誰も知りません。

ただ「迷ったなら、お付き合いしてみるべき」ということは強く強く断言したいと思います。以下の記事もあわせて読んでみてくださいね。

◎あわせて読みたい記事は相手を好きになれないのはなぜか?

参考婚活で「相手を好きになれない」のは高望みのせい?理由と解決策

たくさんの人とのやりとりの末、ようやくデートに漕ぎつけたのに、なかなか気持ちが盛り上がらず、「いまひとつ相手に感情がわいてこない」、「好きになれない」という悩み。 知り合った人を好 ...

続きを見る

まとめ

あなたも、私のような後悔はしないよう、もし返事に迷った時はとりあえずはお付き合いしてみてはいかがでしょうか。

私は、この後悔を学びとして、その後は「生理的に無理」ではない限り、2回はお会いするようにしていました。

ただでさえ、数少ないチャンス。ようやく会うことになった相手なら、少なくとも2回は会ってみましょうか。「生理的に無理」ではない限り。

・・・その繰り返しが永久に続くのかと思えが、かなり厳しいですが。 無駄な経験は、ひとつもありません。 最後に最高の出会いがあれば、それが全て、それが結果です。

 

以上、「婚活で超ハイスペック男性を断った傲慢な私」でした。

■■  ■■  ■■

【オススメ】
以下は、私が数多く利用してきた婚活サービスの中でも特に秀逸だったサービスです。

◎アラフォー~アラフィフの方へ
オーネットスーペリア無料資料請求

◎アラサー~アラフォーの方へ
オーネット無料資料請求

◎結婚相談所とネット婚活のいいとこどりサービス
オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングNo.1
ゼクシィ縁結びエージェント 無料カウンセリング

◎メールから始める大人の婚活
大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】無料登録

-回顧録
-, , , ,

© 2020 超アラフォーの婚活応援ブログ Powered by AFFINGER5