婚活のヒント

眞子さま、小室圭さん結婚「駆け落ち婚」とは?一時金受け取り辞退の可能性も

2021年9月1日

米国自由の女神

ついに、「眞子さまが自分の気持ちを貫き小室圭さんと年内に結婚する」という動きが具体化してきたようです。

気になっていた方も多いのではないでしょうか、順を追ってこれまでの経緯と推測されているこれからのことを共有していきますね。

「絶対的な自由恋愛」を押しとおすことの危うさが見えてきます。

眞子さまが小室圭さんと駆け落ち婚とは?

今朝、2021年9月1日に、”結婚が延期されていた秋篠宮家の長女眞子さまが、"婚約が内定している小室圭さんと年内に結婚される方向で調整が進んでいる”旨が内庁関係者への取材で明らかになり、新聞やニュースで大騒ぎです。

特に眞子さまの恋愛~婚約~結婚への道のりは、婚活やお見合いと対極の位置にあるような内に秘めた感情の激しさ・強さを感じます。

皇族という特異な環境のなか、眞子さまが周囲の様々な批判や反対を乗り越え、ついに意思を貫こうとしているところは一般常識では理解の域を超えますね。

 

愛する気持ちを貫くことは尊いと思いますが、これは極めて好意的に捉えた場合の稀有な意見

 

中には「駆け落ち婚」という表現をする人もいて、一般的な意見は圧倒的に反対である事実があり、週刊朝日3/26日号によると以下のとおりです。

■1万3057人アンケート
眞子さま小室さん「結婚問題」

97%以上が反対

特に、平和な結婚をめざして婚活をしようとしている人にとっては、「別世界の出来事」見方によっては「馬鹿げたこと」と捉えるのが普通でしょう。

 

マスコミへの露出が多い、皇室関連の竹田氏は以下のように発言しています。

結婚に伴う儀式や行事を一切行わないということは、結婚後に皇室と小室家の親戚付き合いはしないという意味。駆け落ちに近い状況といえる。

 

小室さんは、ロースクールを卒業したばかりで弁護士試験はまだ合格していません。

弁護士としての実務経験が無い状態ですし、母親をはじめとする親戚の知られたくないような出来事が世の中に暴露されてしまった存在。

眞子さまのように、問題だらけで皇室に泥を塗るような相手から気持ちが離れず、「想い」を一途に貫くことは良くも悪くもなかなか真似できるものではありません。

一般人ではなく「世間を知らない皇族の箱入り娘」もしくは対極に位置するような「捨てる物は何もない海千山千の曲者」でなければ、なかなかできない決断だと感じます。

実際に、このお二人は正にそんな対極にある組合せのように見えます。

 

私は普通の人なので、腰が引けて逃げますね
何より小室さんのお母さんの目が怖い・・・あんな姑がいたら即断る!

 

昔から情熱的に盛り上がった恋愛結婚よりも冷静に判断されたお見合い結婚のほうが離婚率は低いと言われているのも事実です。

お見合い結婚の離婚率は恋愛結婚より30%低い理由を解説

結婚相談所での出会いはお見合いに似ているとも言われます。これから婚活しようとしている人には離婚率の低さはとても気になるところですね。 「見合 ...

続きを見る

気になる一時金・最高で約1億5000万円のゆくえは?

皇室を離れる際に渡される習わしの一時金(最高で約1億5000万円)。

この金銭は、私たちが納めている税金が原資の一部になるので、とても気になるところ。

新聞などによると、眞子さまは受け取りを辞退する可能性もあるそうです。

以下のように推測し批判する人もいます。

 

一時金を利用して小室家の借金を清算するのでは?
それに反発して辞退しようとしているの?

 

小室さんの母親のチャコールグレーな歴史を認識したうえで見ると、辞退して欲しいという意見が大半ですね。

その方が率直に二人の幸せ、自由な暮らしを尊重してあげようという感覚になるのではないでしょうか。

■「1億円の一時金はあきらめた」今年10月までに小室圭は結婚を強行する恐れがある

引用:日経プレジデントOnline

眞子さまと小室さんの今までの経緯

今までの経緯をざっくりと振り返ってみます。

経緯:小室さん

眞子さまと小室さんの婚約が内定してから間もなく、小室さんの母親の元婚約者が金銭問題についての詳細を週刊誌に暴露し、先が見えない状況が続いていました。

どう考えても母親の元婚約者のような人も母親のような人も日常では出くわさない程の曲者ですし、近寄りたくない類の人達です。

 

母親の悪影響を受けたところは同情すべき点ですが、小室さんは判断力ある大人のはず

 


■今までの経緯

  • 17年12月ごろ:週刊誌などで金銭トラブルに関する報道が始まる。
  • 18年2月:宮内庁は結婚を20年に延期すると明言。
  • 18年8月:小室さんはニューヨーク州のロースクールに留学。
  • 19年1月:文書で「元婚約者の方から理解を得るよう努めたい」と掲載。
  • 21年4月:金銭トラブルの内容を28ページにわたる長文で説明。
  • 21年5月:米ニューヨーク州のロースクールを卒業。
  • 21年7月:同州の司法試験を受験し12月中旬までに結果が判明する。

 

実は真偽は定かではありませんが、婚約内定後にも小室さんの母親は「傷病手当を不正受給」している疑惑が持ち上がっているようです。

それ以外にも職場である洋菓子店で足を挫いたとして「労災保険」を求めて揉めているらしく・・・

正当な理由ならもちろん受け取る権利がありますが、余りにも金銭問題が多過ぎると、「他者から金銭を貰う・搾取して生きていく手段が身についている人」のように見えてしまいますね。

【独自】小室圭さん母・佳代さんに“新たな疑惑” 一年半に渡って傷病手当を不正受給か

参考:Yahooニュース

本当に余計なお世話ですが、今後、眞子さまと小室さんが本当に結婚できたとして、その後、小室さんは母親から眞子さまを守り切ることができるのでしょうか。

経緯:眞子さま

眞子さまにしてみれば、小室さんの母親の元婚約者との金銭問題なんて、小室さんから聞いていなかったことでしょう。

さぞかし驚き、その後、心労が続いたのではないでしょうか?

 

色んな見方がありますが、そんな相手を信じ抜いた意思の強さは凄い
いや、眞子さま恋愛経験が無いから判断力が無いのと頑固な性格が災いしたんだよ

 


■今までの経緯

  • 17年9月:当時天皇だった上皇さまの裁可を得て婚約が内定。
    ※その後、宮内庁は納采の儀を18年3月、結婚式は帝国ホテル(東京都千代田区)で同年11月に行うことを発表。
  • 17年11月:秋篠宮さまは、金銭トラブルについて、小室さん側に「相応の対応」を求め「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ納采の儀を行うことはできない」と述べた。
  • 20年11月:「生きていくために必要な選択」という強い意志を表明
  • 20年11月:秋篠宮さまは会見で「結婚を認める」ことを明言。
  • 憲法の規定を引き合いに「本人たちがそういう気持ちであれば尊重すべきものだ」と述べていた。

 

小室さんの過去のチャラい姿も暴露されていますが、それは過去のものとして・・・

今現在の状況を見ても小室さんの人物像は誠実なのかどうか?いまひとつわかりませんでしたね。

一方、秋篠宮さまは日本国憲法を理由に結婚を許可する旨、会見で説明していましたが、これだけで大事な娘を怪しい相手に嫁がせるのか?理解できないです。

第二十四条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
② 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

出典:e-gov法令検索

 

以下の記事には誠実な男性の見分け方を解決していますので、あなたの恋愛や婚活の参考にしてくださいね。

誠実な男性の特徴と見分け方|不誠実な男性との違い

恋愛にも結婚にも、男性の誠実さは大切な要素です。しかし、なかなか誠実な男性と出会うチャンスがなかったり、見分け方がわからないところでもありま ...

続きを見る

予測される今後の流れ

眞子さまが小室さんと結婚をすると同時に「皇族」から「一般人」へと立場が変わるため、婚姻届を自治体に提出することになるそうです。

しかし、一般の結納にあたる皇室の「納采(のうさい)の儀」などの儀式は行われない見通しとのこと。

渡米することで丸く収まるの?

戦後、女性皇族が儀式を行わずに結婚して皇籍を離脱したケースは無いそうです。

しかし、偶然にも新型コロナウイルスの感染状況に配慮するという意味においては良い判断になりますね。

また、小室さんは米国内で就職する予定で、眞子さまは結婚後に米国へ渡り新生活を始めるとか。

 

 宮内庁関係者によると、就職の道筋はすでについており、結婚後の生活基盤への懸念は一定程度解消したと判断されたとみられる。

引用:毎日新聞

 

お二人が渡米することで一見丸く収まりそうに見えますが、今度は米国側での「警護費用」が問題視されるという説もあります。

 

 

「眞子さまにあやかり」というよりも「反面教師として学び」、堅実な婚活に参入したい方へ。安くて信頼できるオススメ結婚相談所を以下の記事で書いています。

安くて信頼できる結婚相談所とは?best3
安くて信頼できる結婚相談所おすすめベスト3|低価格の理由も解説!

結婚相談所で婚活しようと思っているけど、料金が高いこともあり迷ってしまうという人は多いでのではないでしょうか。   続けられるかど ...

続きを見る

眞子さまの思いの強さ・性格

眞子さまは、もともと長女らしい真面目でしっかりした性格で公務にもしっかりと取り組み、人任せにしないそうです。

そして自分の意思表示をきちんと表明でき「自分のことは自分で決めたい」という性格だと。

その思考が、通常は学習院大学へ進むところを国際基督教大学(ICU)への進学を自らが決定するというカタチで現れたわけです。

 

ここが運命の分かれ目だったんだね
純粋培養の眞子さまには危険極まりない環境だったということか・・・
小室さんがとてつもない野心家であるのは確か

 

今後、眞子さまの意志の強さが良い方に影響すればいいのですが。

米国しても一定の庇護は続くでしょうし平和に暮らせるといいですね。

英国ヘンリー王子夫妻と眞子さま方の対比

英国王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃の例が重なって見えますが、やはり英国の高級誌でも眞子さまの「駆け落ち婚」について「前代未聞」と報道されています。

眞子さまにおかれては、もっと静かで平和な暮らしを得て幸せになっていく姿を見守っていきたいと思います。

■眞子さまとの結婚が破談したとき、小室圭は皇室のなにを暴露するのか
英国王室を離脱し渡米したヘンリー王子とメーガン妃の実例をもとに、眞子さまと小室さんの今後について書かれています。
引用:日経プレジデントOnline

絶対的自由恋愛の危うさ

皇族と、家族(本人も?)に問題のある二人による、圧倒的で絶対的な自由恋愛はそのまま押しとおされて結婚に至りそうですね。

結婚はゴールではなく次の人生の始まり

特に、兼ねてから「30歳までには結婚したい」という希望を持っている眞子さま。

ニューヨークに移住することを踏まえれば、入籍し民間人となりパスポートを発行する一連の手続きが必要です。

それを実現するために、そろそろ具体的に動き出すのでしょうね。

 

タイミング的には、お誕生月の10月から逆算するとギリギリセーフです

 

ただ、新聞や雑誌から分かる眞子さまの様子をみていると、どうも「結婚」をゴールのように考えているかのような短絡的な感じを受けてしまいます。

小室さんとの結婚は余りにも危ういですから、今後も経済面・精神面・警備面において秋篠宮家の世話になり続けるのでは?と考えます。

 

それもやはり税金ですね

 

他人に迷惑を掛けないなら誰も文句は言わないですが、圧倒的に反対されながらの結婚って本人は嬉しいのでしょうか?不思議でなりません。

 

以下の記事では恋愛と結婚の違いについて詳しく書いています。

恋愛と結婚の違い!知っておきたい3大要素

恋愛と結婚の違いがよく話題になります。婚活で出会う相手に「全然ときめかない」と悩んでいる人が多いようです。 あなたもそんな悩みをお持ちですか ...

続きを見る

自由恋愛の危うさのお手本のような例から学ぶ

全てではありませんが、恋愛の危うさは、一時の情熱や感情に溺れ自分達二人のことしか考えられなくなり、冷静な判断ができなくなってしまうところにあります。

 

恋愛結婚よりもお見合い結婚のほうが離婚率が30%低いという統計にも納得です

 

もし、あなたが「婚活は条件ありきで感情がわかない」と嘆いたり、「婚活は恥ずかしい」と考えてきたならば、それは決して気にする必要は無いという現実を認識できたのではないでしょうか。

このような例を見ると出会い方は途中経過でしかなく、みんなに祝福されて結婚し平和な人生を歩むことが大切だと理解できます。

感情に拘らず、周囲の人も一緒に喜んでくれるような居心地の良い生活・人生を共に過ごせるようなパートナーがいちばんですね。

 

無料カウンセリングがあり、初めての人にも登録しやすい安くて信頼できる結婚相談所については、こちらを参考にしてくださいね。

安くて信頼できる結婚相談所とは?best3
安くて信頼できる結婚相談所おすすめベスト3|低価格の理由も解説!

結婚相談所で婚活しようと思っているけど、料金が高いこともあり迷ってしまうという人は多いでのではないでしょうか。   続けられるかど ...

続きを見る

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

こちらのサイトは婚活ブログですが、せっかくの眞子さまの結婚成就の話題だと思い、出来る限り邪推は省いた経緯をまとめてみました。

自由恋愛がもたらした騒ぎを目の当たりにし「お見合い」、「婚活」は安全で悪くないなという現実を実感できた方も多いのではないでしょうか。

以上、「眞子さま、小室圭さん結婚「駆け落ち婚」とは?一時金受け取り辞退の可能性も」でした。

 

【この記事を書いた人】

-婚活のヒント

© 2021 婚活ガイア