婚活コラム

【恋愛・婚活】LINEの告白で失敗する確率をさげるコツと例文

あなたは、LINEで告白することをどう思いますか?人によっては「そんな大事なことをLINEで伝えるなんて、あり得ない」と思うかもしれません。

でも、ちょっとシャイな人で直接告白するぐらいなら告白なんかしない、と思う人も居るんですね。
そんな人は、LINEで上手に気持ちを伝えられるなら救われますよね。実際のところ、LINEで告白するのは果たして“アリ”なのか?みていきましょう。

LINEで告白OKなのは時と場合による

※画像は欧米版のLINE[WhatsApp]

気軽につながれるところが魅力のLINE。それを日常の会話ではなく告白に使うのはどうなんでしょう?

婚活サービス会社がアンケートを取ったところ、80%の男女がLINEでの告白は「ナシ」と答えたそうです。そんな大事なことぐらい、直接言うべき!という考えです。

「LINEでの告白」はイメージが良くないようです。しかし、でも、どうしても直接告白するのは無理だ、という人にとってLINEは最後の砦のような存在。。

そんなあなたは次のどれに当てはまるのか見ていきましょう。もしかすると、LINEでの告白が成功する可能性があるかも知れません。

【状況3要素】
1.両想いの可能性が高い、確信がある
2.相手の気持ちがいまひとつハッキリ読めない
3.どうしても告白する勇気がない

1.両想いの可能性が高い、確信がある

もし、互いに両想いであるという確信があれば、どんな方法で告白してもNGはないはずです。従って、この場合はLINEで告白も大アリと言えます。

2.相手の気持ちがいまひとつハッキリ読めない

この場合は、LINEでの告白では振られる危険性が高まります。
直接告白していたら成功したかも?という残念な結果が出る可能性を避けるのが賢明です。

なんだ、がっかりだなLINEで告白するなんて。。。

となりかねません。

この場合は直接告白する、の一択です。それでも失敗する場合は、どんな告白方法を選択したとしても失敗しますので諦めがつきます。

3.相手の気持ちはさておき、どうしても告白する勇気がない

世の中にはシャイな人、慎重な人、あるいはプライドが高すぎて自分から告白することを自分自身が許可しない人などたくさんの種類の人が居るわけです。

そのような場合、告白すらせずに終わってしまうことが少なからずあるそうです。。。それは余りにも勿体ない!そんな方々には是非ともLINEを使った告白をして欲しいです。

自分の気持ちを伝えないのが一番良くないです、もしかしたら付き合えるかも知れないのに。

どうしても直接告白できない人へのLINEでの告白

前項で「1」が該当する人はハッキリ言うとどんな告白のしかたをしても成功します。

「2」に該当する人は成功率が低くなるLINEでの告白を諦めて、勇気をもって成功率の高い直接告白するようにがんばりましょう。

「3」に当てはまる方は?事前準備を万端にしてLINE告白に挑みましょう。何もせずに可能性をゼロにして後悔するよりはLINEでも告白した方が、後々、気持ちの切り替えが早くできます。

さて、LINEでの告白をするにはきちんと計画を立てることが肝心。
まずは、以下の3つの要素を考えます。

・LINEを送る時間帯
・切り出すタイミング
・告白のセリフ

LINEを送る時間帯

成功率があがるベストな時間帯は夜です。
朝と昼は、相手の方は一日の準備をしていたり仕事に集中していたりするので、それどころではないという感じで、しっかりと受け止めてもらえません。
下手すると直感的に「面倒だ」と思われたり「既読スルー」となってしまうかも知れません。

夜になると、仕事や学校など一日の忙しい時間帯は過ぎひと段落しているはずです。
そして、相手が一番リラックスしていそうな夕食後あたりがおすすめです。
時間帯を工夫するだけでも告白の成功率はUPするはず。

切り出すタイミング

まずは最初に、夜のちょうどいい時間帯にメッセージをひと言送っておきましょう。

大事な話があるの

そこで、続けざまにではなく少し間をおいてから本題に入りましょう。
相手も、「なんだなんだ?」とドキドキして待つはず。ドキドキは恋愛を盛り上げるためには非常に大切な要素です。

「気になっている」ということは、相手はドキドキを感じている状態。
このドキドキこそが恋する気持ちを盛り上げる要素となるのです。

告白のセリフ

いきなり「付き合ってください」と言われても相手はびっくりしてしまいます。

告白方法1.絵文字で告白

ちょうどいい夜のタイミングに・・・

「実は、今まで想っていたんですけど・・・」とひと言だけ送る。

数分後に・・・以下のような可愛らしい絵文字を送る。

 とか 

全部の文章を入力するのとは異なり、少し気軽に受け取ってもらえます。
なので、相手も「自分もちょっと好きかも」というように気軽に伝えてくれるかもしれません。
そうなれば間髪入れず「付き合ってください」と加えておきましょう。

「俺は友だちとして好きだよ」というように返事が来た場合は「これからも友達としてよろしくね」と答えて何もなかったようにしましょう。

告白方法2.縦読みスタイルで伝える

一文字ずつ縦読みになるよう送るのは、ちょっと愛嬌があるし趣向を凝らしているけど重すぎないところがいいのではないでしょうか?
一文字ずつ待つ相手の気持ちもドキドキするでしょう。

告白方法3.心理学的な手法を使う

相手を持ちあげたうえで頼みごとをすると断りにくい、という古典的な方法と同様に、相手の長所を褒めて告白しましょう。・・・個人的には、相手をコントロールしている感じがして、余り好みませんが。。。

Aさんと知り合って、いろいろな話をするうちに本当に素敵な人だなって思うようになりました。そして自分自身も成長できていることに気がつきました。そんな尊敬できるAさんと、もしよろしければ恋人として…お付き合いして貰うことはできますか?

・・・という感じです。自分がどれほど相手の事を想っているのかを切々と伝えるようなことはしてはいけません。あくまで、相手に敬意を現すことを重点的に伝えます。

LINE告白で振られた時の対処法

いくらこちらが頑張っても、相手の気持ちはコントロールすることはできません。万が一、お断りされてしまった時の心の準備もしておきましょう。

返事がない、告白を既読スルーされたなら少なくとも相手は「積極的に付き合いたい」とは思っていない可能性が高いです。
既読スルーは「答えたくない」時の相手の心理の現れであると推測します。
これには、迷っているパターンと、断って気まずくなりたくないパターンがあり、どちらにしても現時点では「付き合いたい」とは積極的に思っていないケースがほとんどです。

ハッキリと返事をくれて振られた場合は「残念だけと答えてくれてありがとう」と伝えて、静かに引きましょう。
そして、しばらく連絡を取り合うのをやめておくと良いでしょう。下手に押すと「しつこい」「うっとうしい」という悪い印象になってしまいます。

■■  ■■  ■■

こちらは逆に、LINEを使ったスマートな断り方についての記事です。あわせて読んでみてくださいね。

参考婚活でのメール・LINEを使ったスマートな断り方と例文

婚活をしていると、「お断り」はつきものです。あなたは断り方に困ったり悩んだことはありますか? 今回、相手を傷つけない断り方や断りの理由、メールの例文なども紹介していきます。 会った ...

続きを見る

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

基本的にはLINEを使った告白は印象が良くありません。
そのため、どうしても直接告白することができない場合の最後の砦、最後に残された方法として考えてくださいね。

これから、SNSの使い方も役割もどんどん進化していくので、もっと印象が変わっていくかもしれません。

以上、「【恋愛・婚活】LINEの告白で失敗する確率をさげるコツと例文」でした。

■■  ■■  ■■

【オススメ】
以下は、私が数多く利用してきた婚活サービスの中でも特に秀逸だったサービスです。

◎40代~50代の方
オーネットスーペリア無料資料請求

◎30代~40代の方
オーネット無料資料請求

◎相談所とネット婚活のいいとこどり
オリコン顧客満足度調査ランキングNo.1
ゼクシィ縁結びエージェント 無料カウンセリング

◎メールで始める大人婚活
【華の会メールBridal】無料登録

-婚活コラム
-, , ,

© 2020 超アラフォーの婚活応援ブログ Powered by AFFINGER5