回顧録

婚活サイトで始まった15歳年下外国人との不思議な出来事

外国人が日本人女性との出会いを求める、ちょっと特徴あるサービスそれが「ジャパンキューピッド」。

ここが発端で起きた、実在する彼との未だに疑問な出来事があります。彼はいったいどうしたかったのか?

独白のような記事です、興味のある方は読んでみてくださいね。

警戒度200%!年下イケメンから届いた”いいね”

かなり前に、同世代の婚活仲間から教えてもらい、放置していた「ジャパンキューピッド」のアカウント。そこに届いたのはイケメン過ぎるドイツ人からの「いいね」、しかも彼は15歳年下。

写真の彼は、いかにも日本女性好みの少し前のブラット・ピットのような雰囲気をもつ。

まあまあ、こんな白馬に乗った王子様のような男性から申し込まれる夢のような話があるわけないでしょ?うん十年前ならわかるけど・・・と思う私。

反射的に思ったのは「また詐欺師か~」のひとこと(汗)。

これまでの経験上、イケメン過ぎる美しいプロフィール写真の相手は怪しい輩が多かった為です、悲しいサガ(笑)。

この男性は、何を言い出すんだろう?どうしたいんだろう?という興味もあり「いいね」を返してみた。。。

メッセージ交換で薄れる詐欺師の疑い

1日経過し、彼からの返信メッセージが届いた。文字数の制限エラーになったから、メール交換へ移行したいと。

そして、彼からの自己紹介(家族の状況、彼の離婚の理由、その後の女性との付き合い、日本留学した時の経験等)が、とても詳しく書かれた長文メールが届いた。

その文面は、理想的な話ばかりの詐欺師パターンとは明らかに異なっている。こちら側が躊躇する要素が含まれていたことから、詐欺師の疑いは薄れていった。

8歳、12歳、15歳とまだまだ幼い子供が三人いる事実を告げたこと。詐欺師なら、手のかかる年頃の子供がいる、などどいう情報を与えるはずがない。女性が躊躇するからだ。

”本物の実在する人物”であることが判明し困惑

私は、いつものとおり、まずはフルネームを教えてもらった。他のSNSアカウントの存在と、その信憑性を確認するために。彼のフルネームと写真をネットで調べまくった。

その結果。。。なんと!!!

写真、Instagram、Twitterのどれをとっても彼は実在する本人であることが確認できてしまったのです。

■Instagram
8年ほど前からの、彼と彼の子供、両親、兄弟、友人、彼の住む街の写真がたくさん掲載されている。これは、疑う余地が無い。

■Twitter
数年前からのフォロワーが3万人もいる彼のビジネスで使用しているもの。

■画像検索
彼のもっと若い頃の美し過ぎる写真までもが数枚確認できた。

■彼の会社のホームページ
小規模だが従業員もいる、住所も一致する。

全て、フルネームで完全一致。こうしてようやく私の警戒心は解けて普通のモードでやり取りが始まった。それにしてもなぜ?という気持ちをぬぐい切れずに。

本物なのにまるで詐欺師であるかのような熱烈さ

Instagramの写真をよく見直した。子供達の目鼻立ちから判断すると、どう見ても、アジア系とのミックスだとわかる。

さっそく、彼に確認してみたところ、「分かるよね、実は、元妻も日本人だったんだ」と。なるほど、日本人にこだわる理由が二つほど見えてきた。

・そもそも日本女性が好き
・子供達は日本語を話す

人によっては、あまり気分が良くないかもしれませんが、私にとって、プラスに働く信ぴょう性がある裏付けとなったのです。

ついでに、なぜこんなに年上の女性を選んだのか?聞いてみた。すると、「フランスのマクロン大統領の妻は24歳年上だよ、能力ある男性には年上の女性が必要なんだよ」という答え。

私は納得せざるを得なかった。

そして、海外版のLINEであるWhatsAppでの、毎日2時間を超えるやり取りが始まった。

彼は、頻繁に家族の写真を送ってきたり、時にはリアルタイムの動画を送ったり、音声も送ってきた。

ドイツのお祭りのひとつである、ローゼンモンタークというお祭りの週末には、妹とご主人も一緒に写った写真も。

妹はドイツでも有名な家の息子と結婚し、その息子はスイスのチョコレート会社の英国法人でCEOをしている、という。

職業柄なのか、事実関係を確認したがる私は画像検索により、あのスイスの高級チョコレート製造企業の英国法人CEOが義理の弟本人だという事実までも確認できてしまった。。。なんだか凄い一族なのか?と逆に怖気づくほどだ。。。

そうこうする中、ついに「ドイツへおいで、結婚を前提に一緒に住もう」という提案が。

この時、国際ロマンス詐欺と言う言葉が頭をよぎりました。結局、彼は詐欺師ではなかったのですが。

水を差した末に廃業してしまった国際結婚アドバイザー

あまりにも夢のような急展開を、そのまま受け入れきれない私は、以前もお世話になったことのある、イギリス人と既婚の国際結婚アドバイザーAさんに意見を聞いてみた。

もちろん、いつもポジティブな意見を言う彼女から背中を押して貰うことが目的。しかし、彼女には珍しく、彼は詐欺師であると決めつけてきた。

「会ったことも無いのに結婚を言い出すのはおかしい」、「熱烈に愛を語るのもドイツ人らしくない」と。。。うん、詐欺師のやり方は現役で婚活をしている私は充分に知っている。

先に書いたように、彼の存在を調査し尽くした結果、何重にも確認が取れている。そのことを説明しても、なぜか彼女は反対するばかりだった。

最後には、ドイツ人に良い思い出が無いという彼女は、フランス人やイギリス人の方がいいのでは?と。

後から考えると、詐欺師かどうかという事実よりも、「15歳も年上の日本女性にこんなイケメンが求婚するはずがない」という思い込みが非常に強かったと推察できる。

その後、彼女自身も彼女の助言者に相談し「このネット社会では、会ったことも無いもの同士が結婚を決める事は充分にある」という助言を得たと。

結果、自分の経験は既に12年前のものであり、現時点では既に通用しないので廃業することに決めました、と公にアナウンスしていました。

横道にそれてしまいましたが、こんな重大なことも並行して起きていたのです。

コロナの蔓延で壊された関係

まだ一度も会ったことが無いのに、結婚をほのめかす彼。それはなぜなのかを尋ねると、、以下の答え。

「もう既に何年もの間一人で暮らしてきたから早くパートナーが欲しい。」
「自分の幸せな姿を見れば、子供達も両親も喜ぶに違いない。」
「ただ、結婚を決める前に一度は日本へ会いに行き、二か月くらい滞在するから、互いに確かめよう。」

上述のようなことは本当にごもっともな考えなので、私は本当に安心しました。そして、彼がいつ日本へ来るのか、二人で計画を立て始めました。

ゴールデンウィークに合わせて彼が日本に来ることになるも、他の予定とダブルブッキングが判明しスケジュールが変更となった頃、コロナの状況がどんどん悪化し、互いに身動きが取れなくなってしまった。

その時、私自身の不安と、結婚アドバイザーの言葉が呪文のように重なり、二人の行き違いが決定的に。一気に関係が悪化してしまい。いとも簡単にジ・エンド。

彼が抱える問題

今でも、彼には全く嘘が無かったと感じます。理論的にも不整合が無い。

その証拠として、大切な子供たちの写真をたくさん私に送ってきたこともある。

世界企業の重要な立場にいる、義弟の手前もある。

彼は、とても裕福な家庭に育ち、とてもロマンティストでもあり、我儘であり、少し精神的な幼さが残っているところがある。

私への熱の入れ様は本物だったが、そもそも恋に恋していたと思います。熱しやすく冷めやすいので、コロナという少しのプレッシャーを乗り越えることができず、諦めて放り出してしまった。

これが、私の推察です。

まとめ

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございます。

いま、落ち着いて考えると、私はコロナに救われたのかも知れません。あのまま、スムーズに関係が進んでいったとしたら、彼の我儘を受け入れてしまい、常に私が我慢する状況が続くことになったように感じます。

何より、この別れの半年後に、成熟した大人のパートナー候補に出会うことができたのですから。

今度もドイツ人ですが、偶然ではないのです。私は、過去に丸三年間、ドイツに住んでいたことがあり、それをプロフィールに記載しているからなんです。

ドイツが大好きで、ドイツ人の理論的な思考も大好きなので、またあの美しいドイツに住めたらいいな~♪という願いを持ち続けてきました。

それが、間もなく、来年には叶うかも知れません。

 

以上、「ジャパンキューピッドで始まった15歳年下外国人との不思議な出来事」でした。

■■  ■■  ■■

【オススメ】
以下は、私が数多く利用してきた婚活サービスの中でも特に秀逸だったサービスです。

◎アラフォー~アラフィフの方へ
オーネットスーペリア無料資料請求

◎アラサー~アラフォーの方へ
オーネット無料資料請求

◎結婚相談所とネット婚活のいいとこどりサービス
オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングNo.1
ゼクシィ縁結びエージェント 無料カウンセリング

◎メールから始める大人の婚活
大人婚活NO.1!【華の会メールBridal】無料登録

-回顧録
-, , , , ,

© 2020 超アラフォーの婚活応援ブログ Powered by AFFINGER5